今回は、何度か雨漏りの修理工事を行ったけれどなかなか雨漏りが止まらず弊社に施工のご依頼をして下さった方のお話です。

東京都板橋区のK様はお家を買って10年位が過ぎてから雨漏りし始めてしまいました。家を建てた会社は倒産してしまったために連絡を取ることができなかったそうです。そこで、近所の工務店さんに雨漏りしてることを伝えお家を見てもらった結果、外壁の塗装工事で雨漏りは止まると言われたそうです。

しかし、塗装工事が終わっても全く雨漏りは止まりませんでした。

東京都板橋区のK様は工務店の方に雨漏りが止まってないことを伝え、何度か来てもらい修理をしてもらったようなのですが、最終的には何が原因かわからないと言われてしまったそうです。

結局その工務店さんとのやり取りを諦めて、別の業者の方にもう一度雨漏りの修理工事を依頼することになってしまいました。

東京都板橋区のK様のお家は、鉄骨造の3階建で屋上が平面(陸屋根)になってる造りでした。屋上の既存で使われてる材料が塩ビシートと呼ばれる物です。

次に調査に来た業者さんは屋上の劣化が原因と判断し全体的な防水工事を提案してきたそうです。

東京都板橋区のK様も、お家を買ってから屋上のメンテナンスはしてなかったこともあり雨漏りがちゃんと止まるならと、それなりに高額な費用を掛けて屋上を防水工事することにしました。

それから何度か雨が降った中では雨漏りはしなかったそうです。

しかし、台風が来て大雨が降った時にまた雨漏りし始めたそうです。

そして、防水工事をした施工会社さんに連絡をしてもう一度見てもらうことになりました。

そこで伝えられた内容が、「今回の雨漏りの原因は屋上からだけではなく、外壁部分からも雨漏りしているため確実に止めるためには外壁を塗装工事した業者にも一度見てもらった方が良い。」とのことでした。

お客様からしてみればびっくりするような返答だったと思います。雨漏りがちゃんと止まると言われたから工事をお願いしたわけですから。

しかし、そう言った内容の話は良く聞きます。

当然、東京都板橋区のK様は防水工事をした業者と揉めたそうですが工事代金の一部を返金する形で話をまとめ、結局は雨漏りがとまらないままでした。

そこで、また別の業者を探すために弊社のホームページを見つけ、ご依頼をいただくことになりました。

後日、調査をさせていただきましたが雨漏りの原因は屋上のドレン(排水口)周りをしっかりと改修工事していなかったからでした。

もちろん改修工事をさせていただき、雨漏りを無事止めることもできました。

中には大事な所を見落としてしまう業者さんや、あまり雨漏りの知識がない業者さんもたくさんいます。

雨漏りしてしまったお家を直す時には、雨漏りの知識が豊富な専門の業者にお願いすることをお勧めします。