梅雨に入りこれから強い雨が続く日も増えてくると思います。特に横風の強い日に大雨が降ると今まで雨漏りしていなかったのが急に雨漏りが起こってしまったりすることもあると思います。以前に調査させていただいた東京都渋谷区のH様のお家でも普段の雨では雨漏りはしておらず横風の強い日だけ雨漏りがするとのことでした。調査の結果外壁からの雨漏りでした。そこで、今回はいくつか雨漏りの起こりやすい場所とチェックするべき箇所の説明をしたいと思います。
外壁からの雨漏りで、お家の中での被害が出やすい場所はサッシ周りです。特に窓枠の上の方からポタポタと水が垂れてくる時は外壁からの雨漏りの可能性が非常に高いです。


この場合は雨漏り箇所のサッシ周りよりも上に原因がある可能性が非常に高いです。特に横風の強い日に雨が降ると外壁に雨水があたり建物の中に進入してきてしまいます。

外壁にヒビ割れがあればそこから雨水が入ってきて下の方に流れてきた雨水がサッシ周りにあたり窓枠を止めてるビス穴から水がでてきます。


外壁がサイディングの場合でもつなぎ目のシールが劣化しているとヒビ割れと同様雨水が建物の中に進入し雨漏りを引き起こすこともあります。


もし、このように雨漏りの原因箇所が特定できたとしても一般の方が補修をするのはなるべくやめましょう。高所での作業は大変危険ですし、間違った補修工事をしてしまったら後で修理工事を行う時に無駄な費用がかかってしまうこともあります。それでも、雨漏りがひどくて何とかしたい場合はホームセンターで売ってる防水テープなどで止める位に留めておくことをお勧めします。


その他に外壁から雨水が進入してきた時によく雨漏りする箇所は建物の梁の部分です。木造住宅ですと雨水が外壁材の中に入ってくるとそのまま梁をつたい部屋内の壁などを湿らせてしまうことが非常に多くみられます。

雨よけ部分や出窓からの雨漏りも多いです。経年劣化により板金などを使っている場所では錆びて穴があいてしまったり、ジョイント部分に口が開いてきてしまうとそこから雨水が進入してきてしまいます。


出窓からの雨漏りの場合、カーテンを閉めてしまうことが多いため、気がつかない場合が多いです。湿気なども多いのでわかりにくい箇所ではありますが雨漏りがかなり進行してから気がつくのでは無駄な内装工事の費用もかかってしまうのでこまめに様子を伺うことをお勧めします。


今回は外壁部分からの雨漏りの説明をしましたが、雨漏りは外壁からとは限りませんので雨漏りされてる方は一度プロの方に見てもらうことをお勧めします。雨漏りレスキューは無料調査を行なっておりますので安心して下さい!お電話での受付は365日24時間無休で受け付けております。もちろん、東京都渋谷区も対応可能です!

会社概要

会社名 S・Aサービス
代表 青木真一朗
所在地 〒261-0011 千葉県千葉市美浜区真砂2-15-3-A201
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など