本日は、埼玉県蕨市のF様から雨漏りの調査の依頼をいただきましたのでご紹介したいと思います。

築30年近くが経つ鉄骨造の3階建てのアパートタイプです。

この建物での雨漏りは今回が初めてではなかったようで、以前に大規模修繕工事を行なったそうです。

内容としては、屋上の防水工事と外壁全体の塗装工事でした。

大規模修繕工事を行う前は屋上のドレン廻り(排水口)からの雨漏りだけが指摘されてたそうで、その箇所に関しては工事後、雨漏りは止まっていたそうです。

しかし、大規模修繕工事が終わってから1年が経たない内に3階のサッシ廻りから雨漏りするようになりました。

この3階では、工事中は住んでる人がいなかったため工事後すぐに雨漏りしていたのかが確認できなかったのが残念な

ところでした。

ところが、雨漏り箇所を直接確認してみるとかなり雨漏りしているのがわかります。

しかも雨漏りしている箇所が1箇所だけではなく数ヶ所ありました。

ここまでいろんな箇所で雨漏りしているとなると、何か原因があると思い外壁を細かく調査しました。

外壁周りを見てみると、ALC外壁とタイル張りの外壁で造られているのがわかりました。

そして、雨漏りしている箇所の外壁がすべてタイル面でした。

雨漏りは、当然高い所から低い所に雨水が流れていくので、あやしいと思い雨漏りしているサッシ廻りの上を見てみると目地の部分が何も補修をしていないのを発見できました。

この状況でクリヤー塗装を行ったとしても雨漏りが止まるはずがありません。

雨漏りを止める為の塗装工事は、普段の塗装工事とは少し異なります。

足場を組み、外壁全体の劣化が進んでいる箇所(特にサッシ廻りや外壁材とのつなぎ目の目地など)を細かくチェックし

雨仕舞や補修を入れていきます。

それから初めて塗装工事に入るのです。

当然、下地塗装をしてから本塗を2回行います。

しかし、残念なことに今回の埼玉県蕨市のF様からご依頼をいただいた建物に関しては、目で見てわかるように雨仕舞や補修

は一切行われず塗装工事を行ってしまったようです。

塗装工事はキチンと行ったと言われればそれまでですが、高額な工事代金を支払ってまで工事を依頼した方からしてみれば

納得のできない話だと思います。

雨漏りレスキューは、ご依頼いただいた修理工事に対して必ず雨漏りに対して保証を付けさせていただいております。

外壁の塗装工事も当然10年間の保証を付けさせていただいておりますので、塗装工事をお考えの方や、これから見積りを

取り業者選びをしていこうと考えている方など一度ご相談下さい。

年中無休で受け付けております。

会社概要

会社名 S・Aサービス
代表 青木真一朗
所在地 〒260-0843 千葉県千葉市中央区末広2-2-19末広サンフレアB棟301
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など