今回は、金属サイディングについて説明します。

金属サイディングは屋根のカバー工法で使われるガルバリウム鋼板を使った外壁材です。

施工方法についてですが、まず最初に説明しますと、金属サイディングは金属製の外壁パネルです。

建物の周りに胴縁(下地)を取り付け、その上に金属製の外壁パネルを張って外壁を仕上げていきます。

既存の外壁の上から被せる様に施工ができる為、ここ最近ではリフォームとして人気が高くなっています。

また、屋根のカバー工法と施工が似ている為か、似たメリットがいくつかありますので、まずはメリットについて紹介したいと思います。

1.断熱性に優れている

金属サイディングは、他の外壁材にない特徴があり、断熱材と一体化しています。

これは、屋根のカバー工法で使われている屋根材と同じ構造になっている為、夏は涼しく、冬はとても暖かくなります。

他にも理由があり、施工する上で胴縁(下地)を付けて金属サイディングを張るので、外壁と金属サイディングの間に通気層ができます。

この通気層が断熱効果を高める役割を担うので、断熱性に優れるのです。

この特徴は屋根のカバー工法では見ることのできない特徴と言えるでしょう。

2.耐震性が強い

金属サイディングは、ガルバリウム鋼板です。

ガルバリウム鋼板は、アルミと亜鉛から成る合金めっき鋼板ですので、他の金属製の外壁材に比べると、とても軽い外壁材になっています。

そのため、建物のとても重要な基礎や柱などに、地震が来ても負担を掛けにくくなっています。

また、ヒビ割れが起きにくい外壁材ともなっているため、数ある外壁材の中でトップクラスで耐震性に強い外壁材と言えるでしょう。

3.防水性に強い

金属サイディングは、金属でできている為、外壁材から直接水がしみ込んでくることがまずありません。

また、窯業サイディングなどで見られる目地(シール)がないため、目地の劣化からする雨漏りなどの心配はありません。

 

このように、金属サイディングにはたくさんのメリットがあります。特に、築年数がかなり経ったお家や、あちこちで雨漏りしている家などは塗装工事より金属サイディングでリフォームしてしまうことを雨漏りレスキューでは、おすすめしてしています。

しかし、金属サイディングは塗装に比べると材料費が高い為、工事代金が塗装工事に比べると高額になるところがデメリットといえるでしょう。

金属サイディングはとても優れた外壁材です。

もちろん雨漏りも確実に止めることができるリフォーム工事です。

しかし、工事代金が高額になってしまう工事ではあります。

もしも、他業者さんの見積りが高くて悩んでる方がいましたら一度ご相談下さい。

無料見積に年中無休で伺わせていただきます。

会社概要

 

会社名 S・Aサービス
代表 青木真一朗
所在地 〒260-0843 千葉県千葉市中央区末広2-2-19末広サンフレアB棟301
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など