今回は、先日ご依頼いただきました東京都新宿区のS様のお家で起きた雨漏りの無料調査の内容をご紹介したいと思います。

東京都新宿区のS様のご自宅は、鉄骨造の2階建のお家で、2階のキッチンにある換気扇周りから雨が降ると、水がポタポタと

落ちてくるそうです。

1年位前にも同じ場所から雨漏りしていたので、東京都新宿区のS様は雨漏り箇所の上に当たる屋上(陸屋根)を調べて、換気扇のダクト周りにコーキング材で補修を入れました。

それからしばらくの間は雨漏りは止まってたみたいです。

しかし、先日に降った雨でまた雨漏りしてしまい、専門の業者に見てもらわないと雨漏りを止めることができないと思ったそうです。

まず最初に雨漏りしている換気扇の蓋を取り外し水の跡がないか調べました。

しかし、明確な雨漏りの場所がわかりませんでした。

そこで、屋上に上がらせてもらい換気扇のダクトを見つけたので、ダクト周りを調べてみました。

よく見てみるとダクトの立ち上がり部分にコーキング材で補修しているのが確認できました。

これが以前、東京都新宿区のS様が補修した箇所のようです。

しかし、補修してあるコーキング材が剝がれかけていたので、ここから水が入り込んでいるのではないか?

と思い、東京都新宿区のS様に許可をいただき、散水試験をすることにしました。

しばらくの間、水を撒いてみたのですが、なかなか水が出てきません。

他に雨漏りの原因箇所があるのかもしれないと思ったので、別の箇所に水を撒こうと思ったところで、

東京都新宿区のS様に、

「換気扇の電源を付けるとポタポタ音がする。」

と言われたので、換気扇のスイッチを入れてみました。

すると、換気扇の回る音と一緒に水の音がしてきました。

どうやら、換気扇を回すと中の蓋が開きそこから水が出てくるようです。

根本的な解決策は構造上にある為、換気扇のダクトを建物の中を通らさせ、外壁部分から外に出すようにしなければなりません。

しかし、今あるダクトを撤去し、屋上の防水処理をしてから新規でダクト工事をするとなると、工事代金もかなり高額になってしまいます。

当然、東京都新宿区のS様の要望は、雨漏りを止めることだけです。

そこで提案させていただいた修理工事の内容は、このダクト周りに雨水が流れていかないように、板金を使って箱を作りダクト周りを囲ってしまう方法です。

そうすることで、修理費用もかなり抑えることができます。

今回の東京都新宿区のS様のお家で起きた雨漏りはちょっと特殊な内容でしたが、雨漏りレスキューでは、豊富な経験と知識で

どんな雨漏りでも対応しています。

雨漏りでお悩みの方や、なかなか雨漏りが止まらずお困りの方は一度ご相談下さい。

年中無休で受け付けております。

会社概要

 

会社名 S・Aサービス
代表 青木真一朗
所在地 〒260-0843 千葉県千葉市中央区末広2-2-19末広サンフレアB棟301
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など