住まわれてるお家の屋根材の一部分がある日突然お庭に落ちていたら当然皆さん驚くことでしょう。

「修理するためにかかる費用はどのくらいだろう?」

「雨漏りは大丈夫かな?」

突然の出来事に心配になってしまうのは当然なことです。

修理するためにはそれなりの費用がかかってしまうためお家を持っている方には大きな負担になるとは思います。そこで今回は火災保険を上手に使って屋根を直した千葉県成田市のF様のお話からみなさんに火災保険についてお話したいと思います。

築30年の木造住宅に住まわれているF様のお家で大きな台風が過ぎ去った後に自分の家の屋根材が落ちているのを発見しました。

屋根の上に登るのは危険を感じたため専門の業者さんに見てもらおうと思ったそうでご連絡いただきました。

調査日の当日、2段梯子を屋根に掛け登ってみると屋根全体の瓦が大きくずれているのが確認できました。

次に、屋根の棟の部分の漆喰が崩れているのも確認できました。

屋根の棟の部分が悪いと雨漏りしてしまう可能性が非常に高いため屋根裏の中を確認させてもらうことにしました。

屋根裏に入ってみると、やはり屋根の棟の部分にあたる梁が少し湿っているのが確認できました。

本来、屋根が雨漏りしている場合は防水シート(アスファルトルーフィングシート)が劣化しているため

防水シートを張り替えないことには雨漏りを止めることは難しいのですが、千葉県成田市のF様のお家の場合は

屋根全体が湿っているわけではなかったため漆喰の塗り直しとずれてしまった屋根材を元に戻す(瓦調整)工事で十分だと判断しました。

今回、ご依頼いただいた千葉県成田市のF様も金銭面的なところで大規模な修繕工事をするつもりは無かったそうです。

そこで、火災保険に入られてるとのことでしたので、一度保険金の請求をおすすめしました。

火災保険は、風災・積雪・雹災などでお家が壊れてしまった時に保険金が支払われます。

しかし、支払われる場合とそうでない場合があります。

支払われる場合とそうでない場合については次回詳しくご説明したいと思いますが、今回の千葉県成田市のF様の

場合はこれまでの経験上保険金が支払われる可能性が高いと思いました。

結果は、予想通り保険金は支払われました。

保険会社さんの方からあえて保険金の支払いについて説明してくることはまずありません。

私たちも現場を調査した時に火災保険が適応されそうな時はもちろん説明させていただいております。

今回の様に、火災保険を使い無料で屋根を修理することができるかもしれません。

もし、何か火災保険についてお聞きになりたいことやご質問がありましたらいつでもご連絡下さい。

年中無休での電話受付をしております!

 

会社概要

会社名 S・Aサービス
代表 青木真一朗
所在地 〒260-0843 千葉県千葉市中央区末広2-2-19末広サンフレアB棟301
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など