今回は、先日雨漏りの無料調査にお伺いさせていただきました、千葉県勝浦市のH様のお家で起きた雨漏りの原因箇所とそれに対しての修理方法を紹介したいと思います。

千葉県勝浦市にお住いのH様のご自宅は、築30年以上の2階建ての建物になります。

実は雨漏りしてしまったのは今回が初めてではなく、別の箇所でも何度か雨漏りしてしまい、そのたびに部分的な雨漏りの修理工事をやってきたそうです。

そして、今回雨漏りしてしていた箇所は1階の天井からで、その箇所に関しては初めて雨漏りしていたそうです。

この雨漏り箇所の上には2階のバルコニーがありました。

バルコニー全体を見てみると、状態は決して良いとは言えません。

千葉県勝浦市のH様のお話ですと、このバルコニーは20年以上の間、何もメンテナンスされてなっかたそうです。

しかし、以前に2階のバルコニー全体に水を撒いてみたところ雨漏りはしなっかたそうです。

私たちが2階のバルコニーを細かく調べてみても雨水が入っていそうな箇所を見つけられませんでした。

そこで、別の箇所から雨漏りしていないか周りを見てみると戸袋があるのに気が付きました。

以前に、戸袋から入り込んだ雨水によって雨漏りしてしまったケースを見てきたことがありました。

そこで、戸袋の中を見てみると内側に貼ってあるベニヤ板が濡れてしまってボロボロになっているのを発見しました。

ここから雨水が入り込み雨漏りしているのが確認できましたが、問題は修理工事をどうするかです。

戸袋がモルタル仕上げの外壁と一体型になっているため、戸袋を解体することができません。

戸袋を解体することができる場合は、戸袋の内側に防水シートと防水テープを使った処理ができますが、今回の千葉県勝浦市のH様のお家では、その様な修理工事が出来ません。

そこで、戸袋周りを細かく調べてみると銅板金を加工した材料で戸袋を被せている箇所を発見しました、

しかも、劣化がかなり進んでしまったようで、銅板金がボロボロになっていました。

まずは、新しく板金を被せてこの銅板金が劣化している箇所から雨水が入り込まないようにする修理工事が必要になります。

しかし、千葉県の勝浦市は海が近い為、潮風がよく吹くので、同じ銅板金で修理工事をしても塩害ですぐにダメになってしまうので今回はガルバリウム鋼板を使います。

ガルバリウム鋼板は銅板金に比べると塩害にも強い素材だからです。

その他に、戸袋の入り口を同じく銅板金で口を塞いでしまいます。

戸袋を頻繁に使っているとなると塞ぐことは出来ませんが、千葉県勝浦市のH様のこの戸袋がある部屋ではほぼ使ってないとのことでしたので、その様な内容の修理工事を提案させていただきました。

雨漏りレスキューでは、雨漏りを止める為の修理工事の提案を第一に考えております。

他業者さんのお見積り内容などに納得いってない方などは一度ご相談下さい。

会社概要

 

会社名 S・Aサービス
代表 青木真一朗
所在地 〒260-0843 千葉県千葉市中央区末広2-2-19末広サンフレアB棟301
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など