皆さんの中にも、賃貸物件や分譲住宅に住んでる方も多くいらっしゃると思います。

マンションやアパートのように鉄骨造のしっかりした建物でも雨漏りはするので、今回は鉄骨のコンクリート造でよく見られる雨漏り箇所や、その時の対処の方法を説明したいと思います。

まず、賃貸物件に住まわれてる方は雨漏りしてる場合、管理会社に報告をしましょう。

勝手に業者を手配して修理してしまうと、あとでトラブルの元になる可能性がありますし、修理費は払う必要がないので、任せてしまうのが一番良いでしょう。

分譲住宅で住まわれてる方も同じく、ご自身で修理をすると、近隣の方や管理会社とトラブルになる可能性があるので、まずは管理会社に話を通した方が良いです。

私どもが相談された中での経験ですが、やはり集合住宅で生活されてる方にとって雨漏りが起こると修理するまでに時間がかかるのがデメリットでもあります。

一戸建でご自身の持家でしたら、すぐにでも修理業者を手配し早く直すことは可能ですが、やはり集合住宅の場合は、所有しているオーナーさんの行動が遅かったり、修繕工事の決定が決まるまでの間はなかなか手がつけられず、雨漏りから我慢して生活することになります。

しかし、そのまま放っておくことは、生活している以上法律で許されませんので、少しの間は我慢して生活しましょう。

そして、よく見られる雨漏り箇所ですが、一番多いのが屋上からの雨漏りです。

特にドレン(排水口)の周りが劣化してしまい雨漏りしているのをたくさん見てきました。

しかも、鉄骨造の場合建物の中に入った雨水が鉄骨をつたい思いもよらない所から雨漏りするため原因箇所を特定するのが難しくもあります。

サッシ周りからの雨漏りも多い原因の一つです。

サッシ周りのシールもやはり年数が経つと劣化してしまい、そこから雨水が入ってしまうと雨漏りを引き起こします。

サッシからの雨漏りの場合、サッシを止めてるビスや隙間から雨水が出てくるのが特徴です。

それと、外壁の劣化によるヒビ割れから雨水が入り、雨漏りする場合ですが、外壁から雨水が入るとサッシ周りからの雨漏りと少し似ているところから雨水が出てくることがあります。

しかし、外壁が原因の雨漏りの場合部屋の中の梁などが湿ってきたり、ポタポタと雨水が出てくることも多いので、専門業者でも原因箇所を特定するのがとても難しいです。

一般の方が雨漏り箇所を特定し、的確な補修をするのはとても難しいので、ご自身ではやらず、まずは管理会社の人に相談しましょう。

雨漏りレスキューでは、マンションやアパートのオーナーさんからの依頼も多数いただいてきました。

過去に修理をしたのに、なかなか直らない物件でも調査、お見積りは無料でお伺いしておりますので、雨漏りに悩まされてるマンションやアパートのオーナーさん、是非一度ご相談ください。

年中無休で受け付けております。

会社概要

会社名 S・Aサービス
代表 青木真一朗
所在地 〒260-0843 千葉県千葉市中央区末広2-2-19末広サンフレアB棟301
TEL 0120-277-022 (代表 / 043-445-8878)
FAX 043-445-8879
E-MAIL info@amamori-rescue.com
事業内容 雨漏り調査および改修工事、屋根葺き替え工事、防水工事全般(コーキング防水、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水など)、塗装工事、外壁/内装工事、リノベーション/リフォームに関する工事など