以前に東京都文京区のK様からこんな質問がありました。

「雨漏りしてるため修理をしたいのですが、うちのベランダの場合はどのようなメンテナンス方法が1番良いのですか?」

との事でした。


一般的に防水工事は屋上や(陸屋根)ベランダなどで施される工事です。防水工事にもいくつかの種類がありますので今回はウレタン防水工事について少し説明したいと思います。
ウレタン防水工事は、ウレタンゴム系塗膜防水とも言われ、液体状のウレタン樹脂を塗り付けます。その塗り付けたウレタン樹脂が化学反応を起こし、固まるとゴム状の弾性のある防水膜が出来上がります。

ウレタン防水工事のメリットは液体状の材料を使うため複雑な形のした場所や手の届きにくい場所でもきれいに仕上げることができることです。また、既存の材質に対して下地材を変えることにより様々な場所での修繕工事をすることができることもメリットの1つです。


メリットばかりではなく逆にデメリットもあります。ふくれと言う症状が起きてしまう可能性があることです。ふくれとは、特に雨漏りしている屋上やベランダでは、既存の下地に湿気が多く含まれていることがあります。ウレタン防水工事を行うことにより密着性ができ、水や湿気を建物の中に通さなくする代わりに今まであった湿気も外に逃がすことができなくなってしまうのです。主に太陽の熱などで蒸発しようとした水分が逃げ場を失いポコポコと丸い形をしたものが表面上に膨れ上がってきてしまい跡が残ってしまうのです。


そういったふくれを防ぐためには、ウレタン防水材を塗り上げる前に通気性能のある通気緩衝シートを貼り付ける事によって防ぐことができますが、費用がその分高額になってしまいます。

また、ウレタン防水工事は始めにちゃんとした施工を施せば次回7年〜10年後にトップコートを塗り直すことによりまた効果を発揮することができます。今後非常にメンテナンスのしやすい防水工事ではあります。しかし、どんなに狭い場所での修理工事でも下地材、ウレタン、トップコートと全て完璧に乾かしてからでないと次の材料を塗れないため工期が他の防水工事よりもかかってしまうのがデメリットでもあります。

ウレタン防水工事は屋上やベランダ以外の廊下やベランダなどあらゆる場合での施工も可能な防水工事です。塗る作業のため一般の方でもできる気がするかもしれませんが、ペンキを塗るような薄い施工の仕方ではとても長持ちはしません。必ず専門のプロの方にお願いしましょう。弊社は15年以上の実績のある職人が多数います。もし、ウレタン防水工事をお考えの方は一度ご相談ください。